テニス小ネタ

テニスクエスチョン

香里園近郊

寝屋川、枚方でガット・ストリングの即張りができるテニスショップ

ストリングハウス リアン 店長 東村です。

 

こんな場合どうしましょう~

テニスのルール本から学んでいきます(^O^)/

 

セカンドサーブに入る際に隣コートよりボールが転がってきた場合

・・・・確かに外部要因に妨害されています。

 

ファーストサーブorセカンドサーブ??

 

 

もちろん

 

 

セカンドサーブです!!

 

 

確かに外的な要因が絡んでいますが、

 

セカンドサーブに入る前というところが重要ですね。

 

 

ルールブックではモーション入っていたらファーストサーブからやり直しになると書いています。

 

 

モーション・・・・どこから??

 

 

モーションについての正確な記述はありませんが、ボールを手から離してトロフィーポーズができていたら打球していなくてもモーションには入っていると判断できるでしょう。

こんな時はファーストからと知っていれば、いざという時に役立つはず

 

 

1ポイントで流れが変わるのですから常に優位に立てる可能性を知っていきましょう(*´▽`*)

 

ちなみにインプレー中(ラリー中)に自分のポケットからボールが落ちるとどうななるでしょうか???

 

 

正解は・・・・

 

 

自分でレットはコールできません。

自分が自分に対して妨害することはないのでリプレイザポイントは成立しません。

 

 

相手が足元に落ちたボールを見てレットをかけることは可能です。その場合はリプレイザポイントが成立してファーストサーブからです。

 

 

これはありえそうな状況なので是非覚えておいて見てください( `ー´)ノ

 

もしかしたらゲームカウント4-4の40-40とか、ここって時にあり得るかもしれませんよ~

 

またテニス小ネタ書いてまいりますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 前衛のポジション
  2. テニスボール
  3. ジャッジ
  4. テニスクエスチョン
  5. ショットとゲーム
  6. 真面目
  7. 香里オープンシングルス【嶋 晴菜】
  8. テニスコート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 第10回リアンカップ 結果
  2. 和歌山オープン【嶋 晴菜】
  3. 第11回 リアンカップ女子団体戦 

ピックアップ記事

PAGE TOP