テニスブログ

戦略と戦術

戦略とはゲームプラン。

 

相手のプレースタイルや特性などを基にゲームのプランを考える。

ベースラインで戦う選手ならどうするか

ネットで戦う選手ならどうするか

などそれらへ対応策が戦略です。

 

ネットプレイヤーを相手にした場合

ネットにあえて引っ張り出して、パッシングを狙う。

ネットに進出を拒む

などの戦略を立て、その戦略を実行していく場面で使うショットが戦術となります。

ネットに引っ張り出してトップスピンロブを使う、ショートクロスでアングルへ など

 

戦術の持ち数は確かに多い方がいいですが、

試合で重要なのは

自分が使える戦術で対戦相手に対してどんな戦略を立てるか

というところにテニスのゲームの楽しさ、奥深さがあります

 

戦術を増やしていくためには練習しかありません。

しかし、全く根本的な部分を理解せずやみくもにやっても仕方ありません。

 

本気で試合を楽しみたいならば・・
初心者~初級者の方は

①まずボールを一貫して打てる 

ネットに対して高さを出すことでゆっくりなボールでも飛距離が出るでしょう。

まずは続けるというところに大きなウエイトを費やしましょう

 

②ボールの深さを調節、プレースメントを調節

ボールの深さはボールの高さと力の加減がとても大切になります。

深さの練習には、このくらいという火加減のような調節を自分の打つ場所によって調節していかなくてはなりません。

 

プレースメントは角度です。クロス、ストレート、センターという方向に対しての面の向きを意識します。

深くクロスや浅くクロスという調節ができるように練習すると・・・・

 

上記のネットプレイヤーに対して、

浅く打って前に引きずり出して→ロブを用いてパッシングという戦術を状況によって実行できそうですね

もちろん失敗することもありますし、戦術を使用する前にポイントが決まってしまうこともあるでしょう。

大切なのは戦略(ゲームプラン)をしっかり持って試合に臨むことです。

そのようなトライ&エラーがまた上達への近道です。

 

決してミスはなくならないという点とそのミスが解消されたからといって勝利できるわけではないことを理解して練習に取り組みましょう。

 

長くなりました。

 

③ボールに回転をかける。

ここでやっと回転です。まずは間違いなくスライスから練習するべきです。

えっ?となった方はレッスン時、または店舗にてご質問ください。

 

ここでは回転の理解が必要になります。並行してラケットワークの練習を取り入れているかも重要な要素となります。

一貫したボール出しでは上手くできるが、ラリーでは全然という方は一貫して打つに出戻りです。

 

①の一貫して打つというところはもちろん対人です。テニスは対人スポーツです。

一貫して飛んでくる球出しのボールを上手く打てたからといってラリーでできるわけではありません。

球出しには相手の観察ボールの予測判断ボールの決断ということ重要なファクターが欠如しています。

 

球出しは実行だけを繰り返し練習していることに意識を持ち、練習に取り組むことが大切です。

 

 

④ボールにスピードを加える

 

ラケットという物体が大きな軌跡をたどってボールと衝突するとスピードが出ます。

スイングのスピードが上がってもボールとのタイミング、プレースメントを安定させて真ん中に当てることは①②を抜かしても上手くいきません。

 

ただスピードが出ても意味がないのはみなさんお察しの通りです。

スイングを大きく、または速く振る中でボールを正確にインパクトすることは容易ではありません。

 

飛んでくるボールのスピードとボールバウンドの予測、インパクトのタイミング、体の動作など広範囲の見えない技術の練習が必要です。

 

⑤ボールをライジングで打つ

ボールを早いタイミングで打つことで相手への時間的猶予を削ります。

 

ボールの着地点を予測し、ボールの特性を把握していなくてはなりません。

 

以上初級~中級の方は参考に練習に取り組んでみてください。

 

ボールのコントロールで不足しがちな部分、今いるレベルを把握して練習に取り組んでみましょう。

飛び級が無いのがスポーツです。地道にコツコツ練習に取り組むことをお勧めします。

 

基本的な戦術の練習は初中級者にはメインの練習になる。

しかし、中級~上級に移行するにつれて上記の練習はウォーミングアップ等でテーマを絞って練習に取り組みたいところ

 

中級車~上級者に必要な戦術はこれらの組み合わせ、考え方、またポジショニングや前衛のコートポジションの理解などたくさん。

打球技術以上にもっと必要な要素がたくさん出てくる。この見えない技術をしっかりと身につけることが必要。

 

初心者の段階から見えない技術を並行して上達していけると試合でもいつも通りのプレーができます。

多いのは打球技術ばかり上がってしまい、見えない技術を知らない、練習していないという状態。

 

1番時間の掛かる技術だと思います。積み重ねが大切。

 

あの人フォームはきれいだけど弱い、試合に勝てない。

試合で勝つことと綺麗な打球を打つことはリンクしない。

 

上手くなるのか、強くなるのか。

 

上手くなる=強くなるってわけではないのが大切

 

 

ん~練習あるのみ!!みなさん頑張っていきましょう( `ー´)ノ

 

 

最後までご購読ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. レザーコード×TGV
  2. ショットとゲーム
  3. みんな負ける
  4. Tennis is Games
  5. 観察
  6. テニスコート
  7. マラカス
  8. フットワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 第11回 リアンカップ女子団体戦 
  2. 大阪府知事杯なみはや国体メモリアル
  3. リアンカップ個人戦結果

ピックアップ記事

PAGE TOP