テニス小ネタ

ジャッジ

セルフジャッジは自分が相手のボールをジャッジします。

th7rc18dn6

 

それは審判を託されているわけですから曖昧なジャッジはスポーツマンとしても相手に失礼です。

 

ダブルスではペアで違ったジャッジが起こる場面もあります。

片方のジャッジが「イン」片方のジャッジが「アウト」というように

この場合ジャッジをアウトに訂正することは認められず、相違の時点で相手のポイント。

 

もはや言い直してアウトというジャッジとするようなことが無いように・・・

 

セルフジャッジで曖昧なボールはインでしょう。

お互い気持ちよくプレーできるように曖昧なことはしない。正々堂々とプレーで勝負していきたいものです。

img_42751

楽しいいい試合ではみんな笑顔です♥

関連記事

  1. 真面目
  2. 香里オープンシングルス【嶋 晴菜】
  3. テニスクエスチョン
  4. テニスボール
  5. ショットとゲーム
  6. テニスコート
  7. 前衛のポジション
  8. テニスクエスチョン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

  1. 店長の小言

おすすめ記事

  1. リアンカップ チャレンジ 個人戦
  2. ピンクリボン結果
  3. 店長の小言

ピックアップ記事

PAGE TOP