テニスブログ

Tennis is Games

 

テニスっていうっスポーツはゲームを楽しまないと。

ATPファイナル 錦織選手頑張っております。

自由自在にプレーする姿がファンを魅了する。

フェデラーもそんな選手の一人

 

以下引用

 

Facebookより

☆フェデラーのポイントの取り方☆

相手が仕掛けるのを待って、逆転のショット

チャンスを待って、短いボールが来た所で決める

オープンスペースを作って決める

凌いで、凌いで、チャンスを待って決める

戻ろうとする逆をついて決める

サーブ&ボレーで積極的に決める

この球を廻り込めるのか?てのを強引に回り込んで決める

相手が走る事に夢中になってる所を、ス~と前に出て決める

ラリーが続いてる時、まさか前に出てくるなんてって決める

相手のドロップショットを緩く打ちにくいボールで切り返す

強引に打ちぬいて決める

凌いで、凌いで、切りかえしポイントを取る。

相手の決め球を、強引に決めに行く

相手の凄いサーブを、面だけを使ってアングルに決める

相手が粘ってくる所を、前に出て決めにかかる

 

ま~、1ポイントを集約すると、こんな感じで続いていく、

 

決めのポイントをもっとシンプルにすると、

『凌ぐ』『チャンスを待つ』『逆をつく』『切り返し』

『前に出る』『強引』『一発で決める』『神様のプレゼント』

などになる、

 

これが、同じ人か?って思えるほど、

強引から繊細までを使い分ける、

強くなれば成るほど、人間的幅も広がるんだね

 

サーブやレシーブに立ったとき、ポイントを決める方法の

イメージが決まってるから出来るんだよね、

 

あなたのポイントの決め方はいくつあるかな?

決して、『粘る』や『相手のミスを待つ』なんて言わないでよ!

 

以上  Facebookより

 

表現が面白かったのと最後の文章。

粘る、相手のミスを待つっていうのは確かに戦略なんだけど

どの相手に対してこれでは駄目だし、テニスのゲームの面白さが少なくなってしまう。

 

テニスのゲームって我慢比べだけではないから。

こんなのフェデラーだからできるとならない。

 

確かに場面ごとに使う技術(戦術)はフェデラーと同じことは出来なくても、戦略は立てれる。

相手をしっかり見極め、効果がありそうなことを実行していく。

 

もちろん失敗もするが、戦略や戦術がハマった時の楽しさがテニスのゲームの楽しさだと思う。

 

テニスに関しての記事今月は書いていこうと思いました!!

 

関連記事

  1. ご来店
  2. まだまだ
  3. 告知 第2回リアンカップ女子団体戦&女子ダブルス個人戦
  4. 全速!!・・・リアンカップ
  5. アモーレ
  6. 大阪府知事杯なみはや国体メモリアル
  7. 7月13日
  8. 曇り男とロバート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 第11回 リアンカップ女子団体戦 
  2. 大阪府知事杯なみはや国体メモリアル
  3. リアンカップ個人戦結果

ピックアップ記事

PAGE TOP